橋本電機工業株式会社
会社概要ENGLISH個人情報
トピックス
名古屋国際木工機展に出展しました。

当社が出展した「エコジョインター」は技術優秀賞を受賞し、高い評価をいただきました。

エコジョインターの稼動風景

お問合せはこちら

出展ブース

建材に使用する乾燥前の単板と単板を、ステープル(ホチキス)の針で接合するための設備を開発しました。

建材として使用される板には、単板同士を木目の方向が垂直になるように、交互に重ねることで強度を高めるといった方法で生産される種類があります。この「単板」とは、原木を大根の桂剥きのように薄く削ったもののことです。

原木の表面は虫食いや凹凸があるため廃棄されてきましたが、当社では廃棄される原木の表面に近く、建材として大きさの足りない部材をステープルで複数枚接合することにより1枚の単板として再生し、廃棄される材木を削減することに成功しました。

接着剤による接合もありますが、単板全体をあらかじめ乾燥させるために、廃棄する部分も一緒に乾かす必要があったり、接着剤を溶かすための機械のアイドリングにエネルギーを消費するなど、効率化や省エネが課題となっていました。
しかしステープルを使うことで、単板の乾燥やアイドリングの必要もなくなり、さらに無駄の無い作業が可能となったのです。

ステープルで単板を接合することで、乾燥処理の前に大きさの揃った単板ができ、これまでは手作業で行っていた単板を乾燥ライン上へ運ぶという作業を機械化することができました。

二酸化炭素削減、エネルギー問題といった環境問題への対応や、省力化に貢献する設備となっています。

多くの方がブースに足を運んでくださいました。熱気あふれる展示会となりました。