先輩紹介バックナンバー
製造部・永谷が語る営業技術部・佐藤が語る営業技術部・坂部が語る製造部長・神谷が語る機械技術者・山本が語る電気技術者・磯貝が語る機械技術者・松田が語る電気技術者・杉浦が語る工場長が語る営業技術部部長が語る
機械技術者・山本が語る
機械技術者・山本

大学では設計図面を描く勉強をしていたので、「自分にピッタリな企業ではないか。」と感じました。実際に入社してみると、CADの製図仕様が大学で習ってきたものに近くて、取りかかりやすかった事を覚えています。私は入社当時から設計の仕事をしています。設計と言いましても図面を描く作業だけではなく、製作現場に赴いてスタッフと打ち合わせすることも大切な仕事です。入社4〜5年までは合板の製造ラインの設計に携わっていました。木材は天然素材ですので、節の有無や伸縮性など一本一本性質が異なっています。ですから、ある工場ではうまく作動する機械が、別の工場では全く動かないということが多く苦労しました。

現在携わっている自動車関係機械においても、寸法、精度や消耗、傷対策に関する要望は高いもので苦労します。またトヨタ自動車様、アイシン・エィ・ダブリュ様、日野自動車様など多くの企業と取引していますが、メーカーごとに規格が異なる上に、同じメーカーでも、各工場、時には同じ敷地の隣り合った工場でも、仕様が異なります。その全ての要望に応じる製品を作るのは大変だからこそ、やりがいがあります。当社では、各工場での製造ラインをいかに効率良いものにするかが最大の課題です。各メーカーの規格で作られている個々の機械をつなぎ合わせて、ひとつの製品を仕上げていくのが製造ラインです。工場全体を考え工夫しながら仕事を進めていくことで、自分自身の成長にもつながります。当社の仕事は機械だけでなく、電気の知識も必要で自分の視野が広がります。ひとつのことにこだわらず、大きな視点で物事をとらえていく仕事なので大変魅力があると思います。

●著作に触れる画像及び、文章がございましたら削除致します。

copyright 2005  Hashimoto denki co., ltd.