橋本電機工業株式会社
会社概要ENGLISH個人情報
インタビュー

「付加価値の高い設備を提供する新技術」

-事業の特徴-

生産設備を設計する場合、目的を果たすために必要な機械の形状を機械設計担当者が、機械をどのように制御し動作させるかを電気設計担当者が、それぞれ設計していきます。当社では、その両者が同じフロアで仕事をしており、最も効率的で安全に生産できる設備をCADで設計し、自分達のアイデアを表現していきます。例えば「このライン速度はもう少し上げた方が効率的に生産できるが、この部分の形状を変えないと上手く制御できない」といった問題を、機械と電気の設計者が気軽に話し合うことができ、より優れた設備を設計することが可能となります。
これまでに蓄積した技術やノウハウに加えて、アイデアを形にできる新技術を確立することで、新たな価値を持った設備を開発することができます。
設計をする上で得た技術、現場実習で学んだノウハウ、講習会や資格取得に際して身に付けた知識など、これまでに得たものを活かして社内で新技術を開発します。また、大学などの外部機関と共同開発することで、外部の考え方や技術を取り入れながら、新しいことにも挑戦しています。
社内外から多くを取り入れることで、お客様の期待に応える設備をこれからも提案し、「世界一の生産設備」と評価されるのもをつくっていきたいと考えています。

「多能工を育てたからできること」

-教育について-

当社では一人ひとりのスキルや知識を高めることを目指しています。多能工を育てることもその一つで、一人で複数のスキルを持った人材を育てることで、作業の効率化を図ることができます。また、専門が設計である場合なら、多くの知識を持つことでより優れた設計ができると考えています。
例えば、当社の設計者は納品の時に客先での据え付けにも立ち会うことができる技術や知識を身に付けています。以前は電気配線を外部委託しておりコストがかかっていましたが、多能工の育成を目指すようになってからは、当社の設計者が作業者に直接指示を出すことができるようになり、コスト削減に成功しました。コスト面だけではなく、施工に必要な知識を身に付けることで、自分で設計した設備がどのように組み上げられていくのかを想像することができるので、自分のアイデアを形にする場合に現実的な設計ができる、お客様の要望に対して適した設備の形状を提案するなど、設計業務にその経験を活かすことでこれまで以上に高い価値を付加した設備を提供することができます。
今後も、専門分野のスキルアップはもちろん、更に広い範囲で技術や知識を修得できるような教育を進めていきます。

「これまで以上に人材を大切にする会社に」

-労務について-

労務を兼任する(多能工!?)ようになって日は浅いですが、いろいろ実践したいと思っています。例えば、技術や知識の修得も大切ですが、精神的な部分でもフォローできる体制をつくりたいと考えています。今でもコミュニケーションをとりやすい環境で、仕事の悩みも先輩や上司に相談しやすいと思います。今後は、相談を受ける側の社員のフォローもしていく必要があると考えています。
その他にも、工場改革を進めることで、これまで以上に働きやすい環境を作っていくなど、常に社員のことを考えて快適な職場づくりを進めていきたいと考えています。

→「2.設計開発部長」のインタビューを見る